腸内環境の改善がダイエットへの近道

腸内環境の改善がダイエットへの近道

ダイエットの方法といえば、食事制限や運動を連想する人が多いです。

 

 

ところが、最近は腸内環境の改善がダイエットへの近道だと注目を集めています。腸内環境を整えるとリバウンドもしにくくなり、痩せ体質を手に入れることができるのです。私達が食べたものは、胃腸を通過して体内に吸収されます。消化が正常に行われていないと、糖質や脂質を必要以上に吸収しやすい状態になってしまうこともあります。

 

 

すると、いくら食事やカロリーを気にしていてもせっかくの努力が水の泡となってしまいます。では、どうすれば腸内環境を整えることができるのでしょうか。腸内には善玉菌、悪玉菌という細菌が生息しています。腸内環境を悪化させているのは悪玉菌です。反対に善玉菌を増殖させれば、悪玉菌は減少します。善玉菌が増殖することによるメリットは悪玉菌の増殖を抑えるだけでなく、腸内活動を活発にし、便秘の解消を促します。

 

 

また、コレステロールの吸収を抑える効果もあるので、ダイエットと切っても切れない関係と言えます。つまり、善玉菌をいかに増やすかが重要です。善玉菌は普段の食事で増やすことができます。

 

 

善玉菌の代表格であるビフィズス菌や乳酸菌。これらを含む食品はヨーグルトや乳酸菌飲料です。手軽に取り入れることができるので、毎日継続的に摂取できると理想的です。発酵食品にも乳酸菌が豊富に含まれているので、味噌や納豆、ぬか漬け、キムチなども積極的に取り入れたい食品です。善玉菌の栄養源となるオリゴ糖、食物繊維、グルコン酸を摂取することも効果的です。

 

 

栄養源が増えれば善玉菌が増殖していきます。おやつの時などにお勧めするのが、バナナとはちみつです。バナナにはオリゴ糖が含まれていますし、食物繊維も豊富です。はちみつにはオリゴ糖とグルコン酸の両方が含まれています。また、食事で上手く取り入れることが難しい人は、サプリメントを併用することをお勧めします。

 

 

善玉菌を増やすのに生活面で気を付けることは、ストレスを溜めないことです。ストレスは胃や腸に多大な影響を与えます。過度なストレスにより自律神経が乱れ、腸の動きが悪くなり、善玉菌が減少・悪玉菌が増加してしまいます。ダイエットの為に無理な食事制限をしてストレスが溜まり、善玉菌が減って腸内環境が悪化してしまっては本末転倒です。

 

 

半身浴やウォーキング、楽しめる趣味など、自分に合ったストレス解消方法を見つけ、ストレスを溜め込まないようにしましょう。